忍者ブログ
神戸で公共交通を考えるsclaps
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 12 13 15
17 18 20 21 22
24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
関西初 マリオットホテル、3年後に開業 近鉄の超高層ビル <MSN産経 2011/07/07 08:29>を添削

阿部野橋ターミナルビルタワー館(仮称)の模型の前で握手する二村隆(近鉄ホテルシステムズ社長)とポール・フォスキー(マリオット・インターナショナル アジア太平洋地域ホテル開発担当上級副社長)

 近畿日本鉄道は2011/07/06、アメリカのホテルチェーン マリオット・インターナショナルと提携し、建設中の高さ300mルの超高層ビル 阿部野橋ターミナルビルタワー館(仮称、大阪市阿倍野区)に 大阪マリオット都ホテル を開業すると正式に発表した。世界的な知名度を持つマリオットを誘致し、訪日外国人客の取り込みを図る考えだ。

 新ホテルは、ビルと同じ2014年の開業を予定。マリオットブランドのホテルは国内34カ所め(名古屋、沖縄、東京に次ぐ)で、関西初となる。関西国際空港と電車1本で行き来できるJR天王寺駅の近くにあり、外国人観光客やビジネスマンを中心に利用を見込む。開業3年後の客室稼働率80%を目指す。

 阿部野橋ターミナルビルの38~55階にある376の客室のうち西側の64室は、浴室から大阪市内が一望できる。約40平方メートルの客室はツイン、ダブルが中心。宿泊代は未定だが、1室3万円前後の見通し。

 沿線人口の減少で輸送量が伸び悩む近鉄は、グループをあげて訪日外国人の取り込みに力を入れている。近鉄の専務の高松啓二は「マリオットは世界中からの集客が見込める」とブランド力に裏打ちされた集客力に期待を示す。

 マリオットはすでにJR名古屋駅上の超高層ビル内などでもホテルを手がけている。マリオットのアジア太平洋地域ホテル開発担当上級副社長 ポール・フォスキーは「日本は食べ物や文化の面で訪問先として魅力があり、成長力は大きい」と、関西進出の理由を強調した。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © 神戸で公共交通を考えるsclaps All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]