忍者ブログ

2017
01
14

神戸電鉄粟生線:一部区間で減便 2017/03月下旬にダイヤ改正

2017/03ダイヤ変更で、神鉄は、粟生線は鈴蘭台~西鈴蘭台までは維持するが、以西は知らん。という方針を示しました。

~~~~
神戸電鉄粟生線の老朽車両更新支援 沿線4市と兵庫県 <2017/2/27 22:10 神戸新聞NEXT>を編集

 神戸電鉄粟生線(鈴蘭台~粟生)について、兵庫県、神戸市、三木市、小野市、三田市は2017年度、老朽化した車両の更新を中心に計3億円を支援することで合意した。他路線を含めた神戸電鉄の鉄道事業全体が黒字となり、無利子融資など特例的な支援は2016年度で終えるが、さらなる利用促進に向け形を変えて支援を続ける。
 2017/02/27に三木市で開かれた、神戸電鉄と行政、住民らによる「粟生線活性化協議会」で報告された。

 毎年10億円超の赤字だった粟生線の廃線を回避するため、三田市を除く沿線3市と兵庫県は2012年度から5年間で、神戸電鉄に無利子で計40億円を融資。減収時に三木市、小野市が収入補塡する制度も設けた。
 現在も粟生線単体は赤字だが、全線では2012年度から4年連続で黒字を達成。2016年度も黒字の見込みで、無利子融資や収入補塡は終えることを決めていた。

 新たな支援では、兵庫県と沿線4市による計3億円の他、国の補助も活用し、2017年度に車両2編成を更新。三木市は独自に最大3000万円を上乗せし、神戸電鉄の負担を減らす。1編成(3両)には約6億円が必要で、今後5年間で計5編成の更新を目指す。

 神戸電鉄は43編成を保有するが、この17年間で更新したのは3編成のみで、老朽化が進んでいる。

~~~~
ダイヤ変更の実施について <神戸電鉄ニュースリリース 2017/01/13>を編集

 神戸電鉄株式会社では、3月下旬に、ダイヤ変更を実施します。
 今回のダイヤ変更は、2014年6月及び2016年5月(現行ダイヤ)に実施したダイヤ変更以降のお客様の利用状況や需要の動向を鑑み、速達性の向上や他社線との接続の改善などを図るために列車の運行を見直すものです。
 お客様の減少が続く粟生線に関しては、朝・夕ラッシュ時間帯の列車を極力確保しつつ、ご利用の少ない昼間時間帯を中心に一部列車の運行を見直します。
 ダイヤ変更の概要は下記のとおりです。

1.実施時期 2017年3月下旬

2.変更の目的と主な変更内容

(1)速達性の向上
【平日】
 粟生線の朝ラッシュ6時台の上り普通1本を急行に種別変更し、所要時間を短縮します。(粟生~新開地間で、現行より約7分の短縮)
 これにより、6時台の小野発上り4本は、3本が快速、1本が急行となります。

【平日・土休日】
 有馬・三田線の昼間時間帯の新開地発三田行きの下り普通11本(新開地10:23~15:23発)を準急に種別変更し、所要時間を短縮します。(新開地~三田間で、現行より約3分の短縮)
 これにより、同時間帯の新開地発三田行きの21本は、すべて準急となります。

(2)接続の改善
【平日・土休日】
 ①現行4:54発のウッディタウン中央発三田行きの始発を1分30秒繰り上げます。(JR宝塚線上り普通列車への乗換時分を確保)
 ②現行24:09発の三田発岡場行きの発車時刻を5分繰り下げます。(JR宝塚線下り快速列車からの乗換時分を確保)

 JR宝塚線との接続の改善については、2017/03/04に予定されているJR西日本のダイヤ改正内容を踏まえて実施するものです。

(3)輸送効率の向上
【平日・土休日】
 ① 粟生線の昼間時間帯の西鈴蘭台~志染間の列車運行(志染10:35~15:35発、西鈴蘭台10:12~15:12発)を、現行の15分間隔から30分間隔とします。
  新開地~西鈴蘭台間 および 志染~粟生間の列車運行間隔には変更はありません(新開地~西鈴蘭台間は15分間隔、志染~粟生間は1時間間隔)。

 ② ①の変更に伴い、粟生線の昼間時間帯の急行列車(上下各11本)は、上りを準急列車に、下りを普通列車に種別変更します。

# つまり、昼間の時間帯、西鈴蘭台より西に行く電車のうちの半分(志染止まり)を西鈴蘭台止まりにするということだ。

3.その他
 ① ダイヤ変更の実施日は、決定次第お知らせいたします。
 ② 各駅の時刻表は、2017年2月下旬頃に公表する予定です。
 ③ 新年度を控えて定期券の新規購入・買替が最も多い時期のダイヤ変更となるため、お客様へ変更概要を先行してご案内させていただくこととしました。
以上


PR

[つづきはこちら]

2017/01/14 (Sat.) Comment(0) 鉄道:神戸登山鉄道【神戸電鉄】

2014
03
27

神鉄粟生線 赤字額は約11億円 2013年度見込み

神鉄粟生線 赤字額は約11億円 2013年度見込み <神戸新聞 2014/03/27 22:54>を編集

 神戸電鉄は2014/03/27、三木市役所で開かれた神鉄粟生線活性化協議会の会合で、2013年度の粟生線の赤字額が10億9700万円になる見込みであると明らかにした。輸送人員は2014/02月末現在、年間662万人と想定され、目標の700万人に届かない見込み。神戸電鉄は、活性化協議会が2013年度に定めたばかりの「地域公共交通総合連携計画」見直しにも言及した。

 2012年度に始まった兵庫県、三木市、小野市、神戸市による支援計画では、運輸収入の減少幅を毎年0.7%と想定。その実現には、粟生線で年間700万人台の輸送人員維持が不可欠だった。しかし、2013年度も減少に歯止めがかからず、電気料金の上昇や消費税増税対応などで、赤字は2012年度より悪化する見込み。特に、活性化協議会が2013年度に取り組んだ通勤定期の補助制度は、300人の目標に対し、35人の申し込みにとどまった。

 神戸電鉄は、鉄道を拠点とした公共交通体系の再構築を連携計画に明記する、3市の都市計画で駅中心のまちづくりの推進を定める、など5つの見直しを提案。担当者は「自助努力だけでは存続は不可能。住民の協力と自治体のサポートが不可欠だ」と強調した。
~~~~
# 660万人も乗っていて廃線なんて……

2014/03/27 (Thu.) Comment(0) 鉄道:神戸登山鉄道【神戸電鉄】

2013
07
07

神戸電鉄有馬線 有馬口駅構内で脱線事故。運休4日間。

神鉄脱線事故、分岐レール乗り上げか 上部に断続的走行痕 <神戸新聞 2013/07/07 06:02>

 神戸市北区の神戸電鉄有馬口駅構内で2013/05/28、普通電車(4両編成)が脱線した事故で、有馬口駅構内のポイント内で進行方向を変えるトングレールに車輪が乗り上がり、脱線した可能性のあることが2013/07/06、神戸電鉄などへの取材で分かった。

 神戸電鉄などによると、トングレールはポイント内にあり、トング(舌)のように先端が細く低く作られた曲線のレール。長さは4~6m程度で、岡場駅で自動制御されている。隣接するレールに先端をくっつけたり離したりして、乗せたい方向のレールに車輪を誘導する働きをするという。関係者によると、正常な場合、車輪のフランジ部分がトングレールにかむ形で動くが、事故後の検証などで、トングレールの上部にフランジが乗り上げ、走行したとみられる傷が断続的に残っていたことが確認されたという。

 乗り上がりの原因について、国土交通省運輸安全委員会などは調査を進めているが、脱線した2両目の車両が無人で軽かったことも要因の一つとして考えられるという。

 有馬口駅構内では、2006年にも2回、脱線事故が発生。2回目の事故は、レールの摩耗など複合的な要因が作用し、車輪とレールの摩擦が高まって起きる「せり上がり脱線」とされた。前回同様、今回も車輪が線路に乗り上がったとみられるが、神戸電鉄は「線路の摩耗や車両の状態はすべて基準内で問題はなかった。摩耗などがなかった点で前回とは異なる事象ではないか」としている。


[つづきはこちら]

2013/07/07 (Sun.) Comment(0) 鉄道:神戸登山鉄道【神戸電鉄】

2012
03
22

神戸電鉄粟生線:2011年度の一部廃止はとりあえず回避

# 神戸電鉄粟生線:2011年記載
 実際に乗ってみると、西鈴蘭台でほとんどの乗客が降りてしまう。新開地方向への需要は西鈴蘭台でほぼ終わり、その先はむしろ三木市方向への需要が大。いまや、三宮方面に通勤してる人はあまりいない。
 だから、極端な話、粟生~木津(or西鈴蘭台)を北条鉄道なりに譲渡しても問題はない。まあ、西鈴蘭台なり鈴蘭台なりで廃止しても問題はない。

三ノ宮~押部谷:バス39分610円、電車38分660円(神鉄510円+神戸高速150円)
 バス:通勤1ヶ月2万5620円、3ヶ月7万3020円、6ヶ月13万8350円
 電車:通勤1ヶ月2万4110円、3ヶ月6万8720円、6ヶ月13万0200円
三ノ宮~緑が丘:バス47分640円、電車41分690円(神鉄530円+神戸高速150円)
三ノ宮~恵比須:バス68分670円、電車50分720円(神鉄570円+神戸高速150円)
三ノ宮~三木(福有橋、西脇線):バス52分670円、電車53分740円(神鉄590円+神戸高速150円)

~~~~
神鉄粟生線:志染~粟生の運行本数大幅削減 2012/05ダイヤ改正 <神戸新聞 2012/03/19>を編集

 神戸電鉄粟生線(鈴蘭台~粟生)について、神戸電鉄は2012/03/19、10時台~16時台の志染~粟生の運行本数を、上り下りともに1時間2~4本から1本に削減するなどのダイヤ改正を発表した。神鉄粟生線では3年ぶりの変更で、2012/05中旬から実施する方針。

 神鉄粟生線は利用客減少に伴い、2001年度以降10年連続で10億円以上の赤字が続いている。2012/02、兵庫県などは2012年度から5年間、神鉄に計40億円を融資する方針を決めた。

 ダイヤ改正は、融資の前提条件となった神鉄の年間3億円という経費削減策の一環。利用者が特に少ない志染~粟生の昼間時間帯で、現行の1時間当たり普通2~4本を急行1本に減らす。さらに、最終列車を約15~30分繰り上げるほか、志染発新開地行きなどの初発を24~28分繰り下げる。朝夕のラッシュ時は現行ダイヤを維持する。
 神鉄は「ダイヤ改正なしでは再建が難しいと判断した」とし、改正で神鉄粟生線の平日走行キロ数が11.9%減り、人件費などで数千万円規模の削減が見込めるという。

~~~~
ダイヤ変更の実施について <神戸電鉄ニュースリリース 2012/03/19>を編集
http://www.shintetsu.co.jp/release/2011/120319.pdf

 神戸電鉄では、2012/05中旬に、粟生線を中心としたダイヤ変更を実施します。
 今回のダイヤ変更は、2009/03に実施した現行ダイヤ以降のお客様の利用状況や需要の動向に応じた列車の運行とすることにより、輸送の効率化と利便性向上による新たな需要喚起を図るものです。
 粟生線に関しては、維持・存続のた「収支改善計画」の一環として実施するもので、平日・土休日の昼間時間帯において急行列車の新設による速達性の向上を図るとともに、利用率の低い一部列車の運行を見直します。朝・夕ラッシュ時間帯における列車運行については、基本的に現行ダイヤを踏襲し、利便性の維持に努めます。


1.実施日:2012/05中旬
2.主な変更点
【粟生線】
 長距離をご利用いただくお客様の利便性向上を図るため、昼間時間帯に急行列車を新たに運行するとともに、ご利用者の少ない志染駅以遠の昼間時間帯における列車の運行を見直します。

〈平日・土休日共通〉
(1)昼間時間帯における急行列車の新設
 昼間時間帯(10時台~16時台)において急行列車を新設し、粟生~新開地間の所要時間の短縮を図ります。これにより上り・下り列車とも粟生~新開地間で約4分、粟生~鈴蘭台間で約2分の短縮となります。急行列車本数は、粟生~新開地間上下各7本、志染~新開地間上下各4本です。(現行では、昼間時間帯の急行列車運行はありません。)

(2)昼間時間帯における一部列車の運行見直し
 昼間時間帯において、ご利用者数の少ない志染駅以遠の列車運行を、現行の15分間隔(小野~志染間)から30分または1時間間隔といたします。
 志染駅から小野・粟生方面への列車運行間隔は、10時台後半から14時台前半までは1時間間隔。また、小野駅(粟生駅)から新開地方面への列車運行間隔は、11時台前半から15時台前半までは1時間間隔となります。
(志染~新開地間においては現行とほぼ同様に15分間隔の運行となります。ただし、藍那駅、木津駅については急行列車が通過するため、昼間時間帯においては30分間隔の運行となります。)

(3)最終列車の繰り上げ
 新開地発の粟生行、小野行、三木行、志染行の最終列車を15分から31分繰り上げます。また、粟生発の志染方面行、小野発の新開地行最終列車を約15分繰り上げます。

(4)その他の変更
・10時台後半~17時台前半までの間、鈴蘭台駅における有馬線から粟生線への乗換え時間を、3分~4分に改善します。
・小野発粟生行および粟生発新開地行の初発列車を24分~28分繰り下げます。
・22時から23時台の小野発新開地方面行普通列車2本を削減します。
〈平日〉
・7時台後半の志染発新開地行準急列車1本を削減します。
・17時台の新開地~西鈴蘭台間普通列車上下各1本を削減します。
・20時台前半の新開地発粟生行快速列車1本を準急列車へ変更し、新開地発押部谷行普通列車1本を削減します。
〈土休日〉
・6時台前半の西鈴蘭台発新開地行普通列車1本を約15分繰り下げます。

【有馬線・三田線・公園都市線】
 有馬線・三田線・公園都市線においては、基本的に現行ダイヤを踏襲し、三田駅でのJR線との接続改善、および一部の列車の削減と最終列車の繰り上げを実施します。

〈平日・土休日共通〉
(1)JR線との接続改善
 夜間時間帯の三田駅でのJR福知山線から公園都市線への接続時間を改善します。

(2)一部列車の運行見直し
 新開地発の鈴蘭台方面および鈴蘭台発の谷上方面の最終列車を15分から20分繰り上げます。

〈平日〉
・6時台、8時台、18時台の三田発新開地行急行列車3本を、普通列車または準急列車に変更し、後続の有馬口~新開地(鈴蘭台)間上り普通列車3本を削減します。
・10時台前半の新開地発有馬温泉行準急列車1本を削減します。
・8時台、21時台の鈴蘭台~有馬口間下り普通列車2本を削減します。
・17時台の新開地発三田行急行列車1本を準急列車に変更し、鈴蘭台~有馬口間下り普通列車1本を削減します。

〈土休日〉
・6時台、8時台の鈴蘭台~有馬口間普通列車上下各2本を削減します。

 なお、ダイヤ変更の実施日については、決定次第お知らせいたします。また、変更ダイヤによる各駅時刻表については、4月上旬頃に公表する予定です。

3.その他
 今回の粟生線におけるダイヤ変更は、粟生線の維持・存続を図るための諸施策の一環として実施するものです。現在、ダイヤ変更を含めた粟生線の維持・存続を図るための「収支改善計画」を策定中ですが、定期券の新規購入・買い替えが最も多いこの時期にお客様へ必要な情報を的確に提供するため、ダイヤ変更の内容に関して、先行的にご案内させていただきました。
 なお、「収支改善計画」の内容については、まとまり次第、適切な時期に発表させていただく予定です。

~~~~
ワンコインで三宮へ 神戸電鉄粟生線で切符発売 <神戸新聞 2012/02/22 09:15>を編集

「粟生線~三宮 平日昼間&土休日お得きっぷ」をPRするチラシ=神戸電鉄志染駅

 神戸電鉄は、粟生線の各駅から阪急三宮駅、阪神三宮駅、西代駅まで片道500円で行ける乗車券を2012/02/25から試験発売する。「昼間にワンコイン(500円)で三宮に出掛けたい」という沿線住民からの多数の要望に応え、存続の危ぶまれる粟生線の利用促進につなげたい考え。平日10時~16時と土日祝日の終日に利用できる切符4枚セット(2往復分、2000円)を2012/05末まで販売する。

 三木市自由が丘地区自治会連合会が2011/05に実施した住民アンケート(全5484世帯中4507世帯が回答)では、神鉄の運賃について88%が高いと回答。48%が、昼間の料金(志染~三宮で通常片道720円)が500円に値下げされることを望んだ。また、兵庫県、沿線市、神鉄などでつくる粟生線活性化協議会が2011/09に沿線住民を対象に実施したアンケートでも、運賃の高さを指摘する意見が多く寄せられていた。

 粟生線活性化協議会で「ワンコイン切符」の導入を要望してきた三木市自由が丘地区自治会連合会会長の安福恵子(65)は実現を喜ぶ一方で「神鉄に要望だけしておいて結局乗らなければ意味がない」と話し、積極的な利用を呼び掛けている。
 神鉄は「試験発売の実績が一般の運賃に影響を与えることはないが、利用客数や収入の増加につながれば、継続を検討する」としている。

 切符の発売・有効期間は、2012/02/25~03/31、03/25~04/30、04/25~05/31。志染駅窓口、栄駅、緑が丘駅、恵比須駅、三木駅、小野駅に設置している企画乗車券自動販売機などで販売する。

# 粟生線沿線の委託発売所でも販売。木幡駅:ショップさの、栄駅:桜が丘ジョイフル(たばこ販売店)、サロン ド モア、押部谷駅:財田酒店、三木上の丸駅:三木市役所内福祉コンビニ たんぽぽ、三木駅:三木市観光協会、大村駅:ヘアーサロン シバタ

~~~~
神鉄粟生線:兵庫県が支援策詳細発表 3年後に効果検証 <神戸新聞 2012/02/08 20:21>を編集

 兵庫県は2012/02/08、神戸電鉄粟生線(鈴蘭台~粟生、29.2km)の支援策の詳細を発表した。

 神戸電鉄が年3億円の経営改善を図ることを前提に、2012年度から5年間、神戸電鉄に無利子で40億円を融資し、安全施設の整備費用などを補助。粟生線を含む全線の2014年度の経常黒字化を目標に、利用が低迷すれば沿線の三木市と小野市が最大で計約1億円を補填する案も盛り込んだ。

 無利子貸付けの内訳は、兵庫県が36億円、神戸市が4億円。兵庫県は三木市、小野市の融資相当分(三木市7.3億円、小野市8.7億円)を肩代わりし、三木市と小野市は兵庫県に金利分を支払う。これにより、神戸電鉄の支払利息が年約0.7億円軽減される。
 安全施設の整備などへの補助は、国の制度を活用。自動制御装置の更新や車両の修繕などに国、兵庫県、沿線3市(神戸市、三木市、小野市)で年約3億円を補助する。
 神戸電鉄の年3億円の経営改善策は、人件費削減の他、乗客の少ない駅のトイレの撤去や昼間時間帯の減便など。

 三木市と小野市が最大約1億円を追加負担する案は、沿線自治体の利用促進策を促す狙いがある。毎年の全線の収入の減少幅が0.7%より悪化した場合、三木市と小野市が粟生線の固定資産税に相当する額を出す。

 一連の施策で見込む収益改善効果は全線で年9億円。2010年度の経常損益は3.75億円の赤字だが、2014年度には1億円の黒字に転じる見込み。ただ、2010年度に12.2億円だった粟生線の赤字は、2014年度も約10億円と微減にとどまる見込み。2014年度に効果を検証し、支援策を見直す。

 兵庫県は、線路や駅などを自治体が買い取る上下分離を採用しなかったが、兵庫県 県土整備部 県土企画局長 松田直人は「上下分離をしても経営は改善しない」と強調。神戸電鉄常務の三津澤修は「今後も上下分離の必要性について、関係自治体の理解を得るよう努力を続ける」と述べた。

[つづきはこちら]

2012/03/22 (Thu.) Comment(0) 鉄道:神戸登山鉄道【神戸電鉄】

2011
09
21

台風15号で神戸電鉄粟生線が不通→即日運転再開

 2011/09/21 09:15頃、神戸電鉄粟生線 鈴蘭台西口~鈴蘭台(神戸市北区鈴蘭台西町1)を走行していた普通電車(小野発新開地行き、4両編成)の運転士が線路上に土砂が崩れているのを見つけ急停止したが、先頭車両が土砂の上に乗り上げた。
 神戸北警察署や神戸電鉄によると、崩れたのは線路脇の斜面で高さ約3m、幅約11m(約30m3)。乗客約120人に怪我はなく、約600m離れた鈴蘭台駅に徒歩で移動した。神鉄粟生線は鈴蘭台~木津で不通となり、バスによる代替輸送を実施。それ以外の区間は折返し運転を続けている。

~~~~
神鉄粟生線が運転再開 <神戸新聞 2011/09/21 17:44>を編集

 2011/09/21午前、神戸電鉄粟生線で線路上に土砂が崩れ、運転を見合わせていた神鉄粟生線鈴蘭台~木津は、2011/09/21 17:05頃、土砂の撤去と線路の点検を終え、約8時間ぶりに運転を再開した。

2011/09/21 (Wed.) Comment(0) 鉄道:神戸登山鉄道【神戸電鉄】

2009
11
12

車両のお勉強:神戸電鉄

神戸電鉄1000系
・8両在籍(2両休車、19両廃車)

 デ1000形
 ・1965〜1968年に製造。5編成10両。廃車済。

 デ1050形
 ・1968〜1974年に製造。
 ・2扉片運転台車
 ・1062+1072:休車
 ・1064+1073+1117F:1100系と組んで5両編成
 ・2両在籍(9両廃車)

 デ1070形
 ・1974〜1976年に製造。
 ・3扉両運転台車
 ・デ1071〜デ1073は非冷房車。1100系に組込。
 ・1071+1119F:5両編成
 ・1064+1073+1117F:5両編成
 ・1062+1072:休車
 ・デ1074〜デ1076は冷房改造済。1100系に組込。
 ・1111F+1074、1113F+1075、1153F+1076:4両編成
 ・6両在籍

神戸電鉄1100系
・1000系と合わせて、3両編成×8本、4両編成×5本、5両編成×2本、休車2両

 デ1100・サ1200形
 ・1969〜1972年に製造。
 ・2扉車
 ・1101F〜1109F:3両編成×5本
 ・1111F+1074、1113F+1075:4両編成×2本
 ・1115F、1121F:4両編成×2本
 ・1064+1073+1117F:5両編成
 ・1071+1119F:5両編成
 ・31両在籍(5両廃車)

 デ1150・サ1250形
 ・1977・1987年に製造。
 ・デ1100・サ1200形の3扉車版
 ・1151F:3両編成。公園都市線に配備。
 ・1153F+1076:4両編成
 ・3両編成×2本=6両在籍

 1500・1600形
 ・1991年製造。
 ・3両編成×2本=6両在籍

神戸電鉄1300系
・1300系同士で固定編成を組む。
・4両編成×5本=20両在籍

 デ1300形
 ・1971〜1973年に製造。
 ・2扉車
 ・2両編成×1本=2両在籍(8両廃車)

 デ1350形
 ・1979〜1987年に製造。
 ・3扉車
 ・2両編成×6本=12両在籍

 デ1370形
 ・1975〜1979年に製造。3扉中間電動車(デ1320形)
 ・1996〜1997年、デ1320形をデ1300・デ1050形の部品を使って先頭車化改造。デ1370形となる。
 ・2両編成×3本=6両在籍

神戸電鉄3000系
・1973〜1981・1989〜1991年に製造。
・アルミ製
・4両編成×9本=36両在籍。

神戸電鉄2000系
・1991年(公園都市線開業時)製造。
・アルミ製
・3両編成×3本、4両編成×2本=17両在籍。

神戸電鉄5000系
・1994年製造。
・VVVFインバータ制御
・4両編成×10本=40両在籍。

神戸電鉄6000系
・2008年製造
・ステンレス車体
・赤・黒・ゴールドのライン
・VVVFインバータ制御
・シングルアームパンタグラフ
・4両編成×1本=4両在籍。

2009/11/12 (Thu.) Comment(0) 鉄道:神戸登山鉄道【神戸電鉄】

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析