忍者ブログ
神戸で公共交通を考えるsclaps
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 12 13 15
17 18 20 21 22
24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
阪急電車:扉開いたまま走行、甲陽線で運転士が勘違い <asahi.com 2009/01/17>を添削

 阪急電鉄は、2009/01/17 11:40ごろ阪急甲陽線の普通電車(夙川発甲陽園行き3両編成)が、苦楽園口駅(西宮市)を出発した直後と甲陽園駅(西宮市)到着直前のそれぞれ数秒間、扉が開いたまま走行したと、2009/01/20に発表した。
 阪急電鉄によると、男性運転士(41)は苦楽園口駅を出発する際、扉が開いていたにもかかわらず閉めたと勘違いした。時速5kmを超えると自動的に扉が閉まるため、時速5km以下だった駅出発直後と到着直前に扉が開いた。開いていた時間はいずれも2〜3秒間だった。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © 神戸で公共交通を考えるsclaps All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]