忍者ブログ

2019
02
18

神戸空港へのアクセス強化へ 道路、ポートライナー改善

神戸空港へのアクセス強化へ 道路、ポートライナー改善 <2019/2/17 06:30 神戸新聞NEXT>を編集

 神戸市は2019年度、市街地から神戸空港方面への交通アクセスの強化に着手する。
 新神戸駅付近と空港方面を直結する都市計画道路「生田川右岸線」(約1.5km)の車線拡張や、空港までつなぐポートライナー三宮駅のホーム延伸工事を設計し、早ければ2020年度に実施する。神戸空港は2019/02/16で開港から13年。民営化に伴う3空港一体運用による利用増を見据え、本格的な交通網の改善に乗りだす。

 生田川右岸線は、神戸空港が開港した2006/02に全面開通。片側2車線で布引交差点と磯上通1交差点を結び、付近には新神戸トンネル、山麓バイパス、阪神高速3号神戸線の出入口がある。途中の新生田川橋交差点から浜手幹線の一部などと連絡し、港島トンネル経由でポートアイランドにつながる。
 結節点のため交通量が多く、朝夕ラッシュ時などの渋滞が課題に。神戸空港の利用者増や三宮の再整備などで交通量のさらなる増加が見込まれることから、神戸市は片側3車線を基本に拡張する方針。右左折レーンを増やすなど交差点も改良し、渋滞解消を図る。
 工事実施に向けた設計のため、2019年度当初予算案に約1億3000万円を計上した。拡張によって、新神戸~神戸空港で連節バスを導入する場合にも対応しやすくなるという。

 ポートライナーでは、三宮駅の朝夕の混雑緩和へ、三宮駅ホームを東へ約20~30m延伸する方針。補完機能として、ポートアイランド方面へのバス路線の再編や増便なども検討する。2019年度当初予算案に計約1億1000万円を盛り込んだ。
 また、神戸市は2018年度、ポートライナーの輸送力増強へ、現在の6両編成を8両編成へ増やす場合の手法や費用などを調査。2019年度はさらに検討を進めるといい、担当者は「公共交通の在り方を総合的に考える」と話す。

 一方、神戸市は2019年度、神戸空港利用者へのリムジンバスのPRも強化。神戸市空港推進課は「新神戸駅、三宮駅の両駅から22分。スーツケースなど大きな荷物のある人には特に便利で、利用促進を図りたい」としている。

PR

2019/02/18 (Mon.) Comment(0) 鉄道:公営地下鉄の栄光【神戸市営、大阪市営、京都市営】

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2019/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析