忍者ブログ

2008
11
25

阪急電鉄:ダイヤモンドクロス、西宮に眠る

ダイヤモンドクロス、西宮に眠る <asahi.comなど 2008/11/25>

 西宮球場跡地で2008/11/26開業する大型商業施設「阪急西宮ガーデンズ」北側の公園に、かつて阪急西宮北口駅で阪急神戸線と阪急今津線が平面交差していた特殊なレールが展示されている。通称ダイヤモンドクロス。全国の鉄道ファンに愛される隠れた名物だ。

 公園は阪急電鉄がガーデンズと一体で造成し、2008/11/20に完成した。ダイヤモンドクロスは、神戸線や今津線の歴史などを紹介した記念碑脇の地面に、枕木とともに埋め込まれている。過去の事業の記念にとガーデンズ開業を契機に実物を展示することになった。

 阪急は1920年に神戸線の梅田〜神戸を開業。1926年に現在の今津線となる宝塚〜今津が全通し、2つの路線が西宮北口駅で直角に交わることになった。路面電車を除くと全国でも珍しい鉄道の平面交差だった。戦後、神戸線の混雑が激しくなって列車本数が増えると、平面交差で定時運行に支障を来すことが多くなった。神戸線の10両編成化とホーム延長などに伴い1984年、今津線は西宮北口で南北に分断。宝塚と今津を直接結ぶ電車はなくなった。

 ガーデンズ5階の「阪急西宮ギャラリー」には、1982〜1984年ごろの西宮北口駅周辺を再現した150分の1の模型が置かれ、西宮球場の横を阪急電車が平面交差する光景が見られる。

PR

2008/11/25 (Tue.) Comment(0) 鉄道遺産・鉄道遺跡

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析