忍者ブログ
神戸で公共交通を考えるsclaps
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 7 8
9 10 12 13 15
17 18 20 21 22
24 25 26 27 28 29
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
山陽新幹線サイレンス・カー、来春終了 利用低調 <神戸新聞 2010/12/26>を添削

 JR西日本は、2011/03/12のダイヤ改正に合わせ、山陽新幹線の「ひかりレールスター」(新大阪~博多)に導入している、車内放送がない「サイレンス・カー」を廃止する。山陽・九州新幹線の直通車両「さくら」(新大阪~鹿児島中央)の運行開始に伴い、車内サービスを統一するためだが、乗客が乗り過ごすなど相次ぐトラブルも影響したとみられる。

 JR西日本によると、サイレンス・カーは、2000/03、ひかりレールスター(8両編成)の運行開始に伴い4号車に設定。年末年始などの繁忙期や緊急時を除き、車内放送が流れない他、車内販売の売り子も乗客から声を掛けられない限り無言のまま移動する。
 当初は「静かな車内で仮眠できる」などとビジネスマンらに好評だったが、停車駅を電光掲示板のみで知らせるため、乗り過ごす乗客が続出。静かな車内ゆえに話し声がうるさい、といった苦情も多く、最近は利用が低迷、他の車両に比べ空席も目立っていたという。
 JR西日本の担当者は「一時期はサイレン・カーから指定席が売れていくほど人気だったのだが…。ちょっと寂しい感じ」と話す。

 ひかりレールスターでは同時に、1~2歳の子どもを対象にした、一部車両でのチャイルドクッション貸出サービスも廃止される。
PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Copyright © 神戸で公共交通を考えるsclaps All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]