忍者ブログ

2011
12
06

明石市バス:民間移譲後、90便増便

明石市バス90便増便へ 2012春の民間移譲後計画 <神戸新聞 2011/11/29 09:15>を編集

 2012/03に民間移譲される明石市バスについて、明石市は2011/11/28に開かれた明石市議会建設企業常任委員会で、平日の運行本数を現行(8路線)の490便から2割増の約580便にするなど、移譲後の運行計画を説明した。行政、事業者、地域住民による「地域公共交通会議」で、移譲後のサービス内容をチェックする方針も示した。

 累積赤字が約17億円(2010年度決算)に上るなど、厳しい経営が続いていた明石市バス。市域にとらわれない広域運行を民間で実現する目的もあり、2010/03に事業廃止が決まった。以降、移譲先の神姫バス、山陽バスと明石市などで運行計画の調整などを進めてきた。

 2012/03/16の運行を最後に、王子線、がんセンター線、車庫線、明高線は神姫バス、団地内線、伊川谷高線は山陽バスに引き継がれる。明舞線、朝霧線は2社が調整して走らせる予定。明石市交通政策課は「複数事業者が競合しながら補完し合うことで、サービス向上が図れる」と説明する。

 民間移譲で、運行ダイヤは大幅に見直される。便数が増えるため、大半の停留所で始発が早く、終発は遅くなるなど利便性が向上する見通し。また、発車が「毎時30分」など分かりやすいパターンダイヤを導入するとしている。

 さらに、両バス会社は明石市内で少なくとも7つの新路線を計画。明石駅~上の丸~錦城中~西神南方面、明石駅~朝霧2~あさぎり病院~神戸学院方面、大久保駅~高丘~北場(西区)~明石商業高校~魚住駅などを視野に入れている。

 全ての路線バスでICOCA、PiTaPaなどのIC乗車券が使えるようにするなどの計画もある。新しいダイヤは2012/01にも公表される見通し。

PR

2011/12/06 (Tue.) Comment(0) バスバス走る、バスバス速い

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析