忍者ブログ

2009
10
10

ダイヤモンドフェリーと関西汽船が経営統合

ダイヤモンドフェリーと関西汽船 経営統合へ新会社 <神戸新聞 2009/10/10>を添削

 神戸と大分などを結ぶフェリー「さんふらわあ」を共同運航するダイヤモンドフェリー(大分市)と関西汽船(大阪市)は2009/10/09、将来的な経営統合を視野に新会社を設立すると発表した。
 高速道路料金の大幅値下げ以降、フェリー業界では航路廃止や運営会社の倒産が相次いでいる。2社も収支状況が悪化しており、航路の統廃合や人員削減を視野に、新会社設立で生き残りを懸ける。

 2009/03に高速道路料金の大幅割引が始まってから、「さんふらわあ」の旅客数は約5〜18%減少した。2009/06からは大阪〜大分便で神戸と今治への寄港を取りやめたが、乗客減に歯止めがかからず、両社の親会社の商船三井が経営統合の方針を示していた。
 新会社名は「フェリーさんふらわあ」。本社を大阪市北区に置き、2社の営業部門を統括し、2009/11/01から営業を開始する。2社は発行済株式を新会社に取得させる「共同株式移転」で完全子会社となり、段階的に経営統合を進めていく。
 航路や人員削減について、両社は「高速道路無料化が実現すれば、さらに厳しい経営状態となる。将来的に避けて通れない課題」としている。

 全日本海員組合神戸地方支部などによると、高速道路値下げの影響を受け、瀬戸内海航路では少なくとも4社が廃業、7社で航路廃止や減便が決定した。

PR

2009/10/10 (Sat.) Comment(0) 神戸の海と神戸港

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

05 2019/06 07
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析