忍者ブログ

2019
11
07

山陽電鉄で架線切れ、パンタグラフ折れる

山陽電鉄で架線切れ、パンタグラフ折れる 運転再開、午後4時ごろか <2019/11/7 12:40神戸新聞NEXT>を編集

 2019/11/07 07:40ごろ、山陽電鉄 山陽明石~人丸前間で架線が切れるトラブルが発生した。霞ケ丘(神戸市垂水区)-東二見(明石市)間などの上下線で運転を見合わせ、JR西日本や神戸市営地下鉄への振り替え輸送、神姫バスの代行輸送を実施。同日正午現在、直通特急38本を含む計81本が取り消しになり、約2万3千人に影響した。

 山陽電鉄によると、架線は山陽明石駅付近と人丸前駅付近で計2カ所切れていた。走行中の大阪梅田発山陽姫路行き直通特急(6両)5両目車両のパンタグラフ2カ所が折れ、運転士が異常に気付いて山陽明石駅近くで停車。乗客約900人にけがはなく、駅員らが誘導し同駅で降ろしたという。直後の回送車両でも同様に2カ所パンタグラフが折れていたが、直通特急の約10分前に走行した車両にトラブルはなかった。同社社員は「走行中に電車のパンタグラフが折れるトラブルは聞いたことがない」としている。同日午後4時ごろに運転を再開する見込み。

~~~~

2019/11/7 15:50神戸新聞NEXT

山陽電鉄が7時間ぶり運転再開 架線トラブル、2万9千人に影響
印刷
トラブルの影響で、4両の電車が止まったままの山陽明石駅=7日午前9時44分、明石市大明石町、山陽明石駅
拡大
トラブルの影響で、4両の電車が止まったままの山陽明石駅=7日午前9時44分、明石市大明石町、山陽明石駅
 7日午前7時40分ごろ、兵庫県明石市の山陽電鉄山陽明石-人丸前間の計2カ所で発生した架線トラブルで、不通になっていた霞ケ丘(神戸市垂水区)-東二見(明石市)間の上下線が午後2時半すぎに運転再開された。山陽電鉄によると、JR西日本や神戸市営地下鉄への振り替え輸送などを実施。直通特急58本を含む計121本が運転取りやめになり、約2万9千人に影響した。

PR

2019/11/07 (Thu.) Comment(0) 鉄道:シーサイドライナー【山陽電鉄】

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

カテゴリー

最新記事

ブログ内検索

アーカイブ

カウンター

アクセス解析